日時 平成29年6月25日
場所 宮城野体育館
種目 男子・女子・混合のダブルス

参加者
吉田淳一朗、高橋健一、佐々木慎太郎、五十嵐翔、佐藤由希、武内花恵


ペア
◯男子ダブルス
 吉田・佐々木組

◯女子ダブルス
 佐藤・武内組

◯混合ダブルス
 高橋・佐藤組、五十嵐・五嶋(南材体振)組、武内・菅原(東和クラブ)組

混合ダブルス予選リーグ

五十嵐・五嶋組

対 熊坂・熊坂(上杉TTL) 
2−0 勝ち

対 池田・狭間(仙台卓球センター) 
0−2 負け

対 佐々木・佐々木(フライハイト・フェニックス) 
1−2 負け

1勝2敗 2位トーナメントへ


佐藤・高橋組

対 浜田・菅原(上杉TTL) 
1−2 負け

対 佐々木・千田(皿貝クラブ)
0−2 負け


0勝2敗 3位トーナメントへ


武内・菅原組

対 八島・和田(フライハイト・フェニックス)
2−0 勝ち

対 及川・中田(P.Pフレンズ・PALクラブ)
2−0 勝ち

2勝0敗 1位トーナメントへ 

女子ダブルス予選リーグ

佐藤・武内組

対 佐々木・安部(フェニックス・プログレス) 
2−0 勝ち
対 浅川・釣井(P.Pフレンズ) 
1−2 負け

1勝1敗 2位トーナメントへ 

男子ダブルス予選リーグ

吉田・佐々木組

対 相馬・我妻(蒼泉クラブ) 
2−1 勝ち
対 庄司・山木(大和クラブ)
0−2 負け

1勝1敗 2位トーナメントへ  

混合ダブルス決勝トーナメント

2位トーナメント1回戦

五十嵐・五嶋組

対 我妻・只野(蒼泉クラブ) 
3−1 勝ち


3位トーナメント1回戦

佐藤・高橋組

対 熊坂・熊坂(上杉TTL) 
3−1 勝ち


1位トーナメント1回戦

武内・菅原組

対 奥田・保坂(仙台卓球センター・ベアーズ)
1−3 負け


2位トーナメント2回戦

五十嵐・五嶋組

対 菊地・鈴木(SSC) 
0−3 負け


3位トーナメント2回戦

佐藤・高橋組

対 戸田・塩沼(フェニックス・weed soul) 
1−3 負け

女子ダブルス決勝トーナメント

佐藤・武内組

2位トーナメント1回戦

対 清川・只野(蒼泉クラブ) 
3−0 勝ち 

2位トーナメント準決勝

対 佐久間・橋本(オリーブ) 
3−1 勝ち  

2位トーナメント決勝

対 半澤・井上(ベアーズ) 
1−3 負け

 佐藤・武内組 女子ダブルス2位トーナメント準優勝! 

男子ダブルス決勝トーナメント

吉田・佐々木組

2位トーナメント1回戦

対 江良・鷲尾(BLESS) 
3−2 勝ち 

2位トーナメント2回戦 

対 大宮司・設樂(Mr.Dreams) 
2−3 負け


管理人(佐◯木)より

 由希さん・武内さん、準優勝おめでとうございます!やはりお二人のダブルスは強いですね。
 決勝では負けてしまいまいしたが、4月のリーグ戦同様良い戦いができていたのではないかと
 思います。この調子でこれからもよろしくお願いします!

 そして、ここからはあまりの悔しさに管理人権限濫用(笑)で書かせていただきます。
 私のペアが戦った2位トーナメント2回戦 は、非常に悔いの残る試合でした。
 Mr.Dreamsの主力が相手ということで、全く歯が立たずコテンパンにされると思っていたんですが、
 順調に1セット目をとり互角の戦いができました。最終セットは5−4から5連取し圧倒的優位に
 立っていましたが、そこからデュースに持ち込まれ、最終的には11−13で敗れてしまいました。
 非常に悔しいです。

 阿部代表にはこの件を報告したら、その場面で普通にやって勝てる相手じゃないので、
 マッチポイントに持っていくために「奇策」「丁寧さ」「思い切り」が欲しかったという話を
 もらいました。確かにその通りです。あの場面私は萎縮して安全策をとってしまったと思います。
 その日は予選リーグから非常にドライブの威力・安定感があり、過去一番と言えるほどでした。
 思い切って振り切ればよかったなーと。
 
 とはいえ収穫もありました。この相手にこれだけの試合ができました。ひとえに相方の吉田くんの
 おかげです。彼のおかげで私は思い切ってプレーができました。
 吉田くん、ありがとうございました。
 
 長文失礼しました。 次は絶対に勝つ!